FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の1ヶ月 その4

少し間が空いてしまいました(汗)

ついに退院!続きです。
【退院~仕事復帰】

退院の日は快晴!入院の直前に台風が去って少し涼しくなっていたので
退院後は寒いくらいかな?などと予想していたのに、夏が戻ってきたかのような暑さ。
入院中は空調の効いた快適空間、そしてトイレと食事の時くらいしか動いていなかったので
入院中の物を片付けたり洗濯物を干したりしただけで、暑さと疲れでぐったり・・・。
思っていた以上に体力が落ちていました(涙)

私が入院中、夫と子供たちはほとんど私の実家にお世話になっていました。
保育園のお迎えから夕食、お風呂まで。
実家には長男と同じ歳の甥っ子と次男より一歳上の姪っ子がいるので
子供たち4人でいつもにぎやかに楽しく遊んでいたそうです。
夫は仕事が終わると私の実家に行き、ご飯を食べお風呂に入ってから
子供たちと家に帰る・・・という生活。

退院したといってもまだまだ動きはスローな私。
痛み止めは飲んでいないけれどやっぱり傷は痛い。
しかもちょっと動くと息が切れて疲れてしまいます。
そんな体でいきなり保育園のお迎えやご飯の仕度は無理だろうということで
しばらくは入院中と同じく実家に子供たちのお迎えとご飯、お風呂をお願いすることに。
私達夫婦のご飯もちゃっかり作ってもらいました♪(本当に助かりました~、ありがとう。)

入院前日まで全く卒乳の気配がなかった次男ですが、入院当日は夜中に激しく泣いて起きたものの
翌日からは起きても泣く力が徐々に弱くなっていき、ついには夜中に起きることはなくなりました(驚)
夜の寝かしつけも私の実家から自宅に帰る5分くらいの間にいつも寝てしまっていたそうで、
車から降ろしてベットに運ぶだけだったので、夫は予想していたよりも楽だったみたいです。
ただその分朝が早く、5時過ぎには夫を起こし朝食をせがんだそうですが(笑)

退院した日の夜も実家から家に帰る途中で次男は寝てしまいました。
夜中に1回起きたものの、背中をトントンしたらそのまま寝てくれました。
入院前には有り得なかったこの状態に驚くと共に成長を感じずにはいられませんでした!!
その後も今に至るまで夜寝るときにおっぱいをせがんで泣くことはありません。
私が寝たふりをしているとしばらくは長男にちょっかいを出したり、一人でふさけたりしているけど
そのうち寝てしまい、朝まで起きることはほとんどありません(嬉)

退院してからの数日はすぐ疲れてしまう体に「仕事に復帰できるのか?」と
自信が無くなっていましたが、ゆっくりだけど確実に体力は回復していきました。

ただ、退院した次の日くらいからまた排便痛が始まり、徐々に痛みが強くなってきました。
一時は痛すぎてトイレに行くのが苦痛なほど・・・。
悪いものは手術で取ったはずなのにどうして??と不安になり、早く診察の日が来ないかと
思っていました。

そして退院から6日目の診察の日。
久しぶりのM先生は相変わらずお茶目な感じ。
早速気になっている排便痛のことを告げました。
内診ではダグラス窩には腹水は溜まっていないし、手術の影響はあるだろうから
徐々に痛みは無くなっていくはずで、よっぽど大丈夫だろうとのこと。
数ヶ月経っても痛みが消えない場合はまた診察する、
でも痛みが消えた場合は次回は1年後でいいよ~とのことでした。
「1年後!?」退院して6日後に診察した後は1年後なんてびっくりです。
でも良性の場合はそんなもんだよ~なんて言われて「そっか~」と何だか納得しました。
先生に「よっぽど大丈夫」と言ってもらったからか、その日から徐々に排便痛も弱くなり
今ではすっかり気にならなくなりました。

退院後の診察で翌日から仕事に復帰してもいいと言われたので
診察が終わるとご迷惑をかけたお詫びに職場に持っていくお菓子を買いにいきました。
久しぶりの買い物はすぐに疲れてしまったけど楽しかった~。
ふと携帯を見るとY医院から着信が・・・。
そういえば診察が終わって診察室を出る間際にM先生が
「T先生にも結果のこと報告しておくね」と言ってくれていたので
T先生がかけてくれたのかな?と思いY医院に電話しました。
結局その日はT先生とはお話できなかったけど、
後日Y医院に行き、直接T先生にお礼を言うことができました。

そして仕事復帰の日、この日はなんと台風15号により朝から暴風警報が発令中(大汗)
前日に保育園から翌日はお弁当との連絡があったのでお弁当を作ったにもかかわらず
保育園は休みになってしまいました・・・。
私はこれ以上仕事を休めなかったので、母に子供たちを頼んで出勤。
結局4時過ぎには職場で帰宅命令が出たのでいつもより早く帰宅することができて
復帰一日目としては良かったです。それでも繁忙期真っ最中なので疲れた~。

仕事のピークも過ぎ、精神的にも肉体的にも日に日に楽になってきましたが、
9月末の1週間は遅番出勤だったのでそれまで実家で夕食をいただきました。
次男もすっかり実家(というかおばあちゃん)大好きっ子になりました(笑)

10月に入ってからはいよいよ通常モード。
朝5時起きでお弁当と夕食の準備をし、仕事、子供たちのお迎え、夕食、お風呂、寝かしつけ。
どうなることかと思ったけど、今のところスムーズにこなせています。
何よりも有難いのが次男が朝まで寝てくれること!
1ヶ月前は夜中に2回は確実に起きていたのでそれを考えると本当に精神的に楽♪
これを機に洗濯も夜に切り替えたので、朝の時間にも少し余裕が出来ています。


長くなってしまいましたがこの1ヶ月、こんな感じで過ごしてました・・・。
過ぎてしまった今ではあっという間という感じですが、
手術の結果が出るまでは心の底から笑えなくて本当に辛かった1ヶ月でした。
今思い出しても息が詰まって苦しくなるくらい悲しいことをたくさん考えました。

でも結果も問題なく、またこうして元の生活に戻ることができた・・・。
今一点の曇りもなく笑っていられることに感謝の気持ちでいっぱいです。

この1ヶ月で改めて気づいたことが本当にたくさんありました。
何気なく過ごしていると見過ごしてしまいがちな小さなこと、夫婦の絆の強さ。
育て支えていると思っていた子供たちに自分がどれだけ支えられていたか・・・。
入院の日の朝、泣いてしまった私をやさしく撫でてくれた次男の小さな手の感触、
お見舞いに来てくれた時の長男の笑顔を思い出すたびにそのことを感じずにはいられません。

大変なこともあったけど、今回の事はそういったことに気づく絶好の機会だったと
いい風に受け止めたいと思います。
そして今後は定期的に人間ドック等を受診し、自分の健康管理にもより気を配っていきたいと思います。


COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • 2011.10.19(Wed)
  • Edit
鍵コメさんへ

コメントありがとう。
鍵コメさんのブログにコメントさせていただきますね^^
  • t745studio#AmlKKJEY
  • URL
  • 2011.10.25(Tue)
  • Edit

PROFILE

t745studio

Author:t745studio
夫と息子2人(H18.6生、H22.3生)の4人家族です♪
”お母さんは家族の太陽”
どんなに忙しくても笑顔とこの言葉は忘れずに毎日を楽しもう♪

Photo Diary

SEARCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。