FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の1ケ月 その3

またまた続きです。
【術後~退院】

手術の翌朝、7時半に「朝食です」とベットに食事が運ばれてきました。
私は昼までは食事はないと思っていたのでちょっとびっくりしたのですが、
運ばれてきたものを見て更にびっくり!普通の朝ごはんでした。
前日全く食事をしていなかったので、今日はおかゆかな?なんて思っていたのに
ご飯、お味噌汁、卵焼き、ほうれん草のお浸し、ふりかけ、ヤクルト。
まだ定期的に吐き気に襲われていたし、食欲なんて全く無かったので「無理、無理」と思うも、
何故か回復のためにはとにかく一口でも食べなくちゃ!という使命感にかられ
頑張ってすべて一口ずつとヤクルトを飲み干しました。

しばらくすると回診の時間。主治医の先生ではないけど産婦人科の先生が来て
傷の様子等を見てくれました。(と言ってもガーゼの上からちょっと触った程度・・・)
その後看護婦さんが体を拭いてくれたのですが、術後から背中に入っていた管から
麻酔が漏れているとのことで、本来なら明日まで入れる予定だった麻酔の管を
一日早く取ってもらいました。
(というか、背中に麻酔の管が刺さっていたなんて全く気がつかなかった 汗)

一日早く麻酔を取って大丈夫??と不安でしたが、錠剤の痛み止めを処方してもらえたので
大丈夫でした。(痛み止めはCMで流れているロキソニンです 笑)
麻酔を取ってしばらくすると術後から定期的にあった気持ち悪さが嘘の様に無くなりました!
気持ち悪さはきっと麻酔の副作用だったみたいです。
吐き気があるたびにお腹の傷に響いていたのでこの気持ち悪さがクリアになって本当に
嬉しかったです。

そしておしっこの管が外れた昼前に、看護婦さんに「そろそろ起き上がる練習を」と
言われ起き上がる練習をしました。
でもファーストチャレンジは失敗。(というか怖くてくじけちゃいました・・・)
しばらく時間を置いてセカンドチャレンジで成功!
看護婦さんに付き添われ、病室のある階をゆっくりと歩きました。
点滴は相変わらずしていたので、トイレに行く回数が頻繁でいい運動になりました。

そしてあっという間にお昼。
昼ご飯もあまり食べる気にはならないけど、頑張って3割ほど。
夜ご飯は何とか半分食べることが出来ました。
気持ち悪さが取れてからは時間が経つにつれ気分が晴れやかになってきました。
点滴をしているため夜もトイレのために定期的に目は覚めるもののそれなりに眠れました。

術後2日目、朝のうちに点滴が取れたので、より気分が良くなりました。
痛み止めが切れ始めると生理痛のような痛みが徐々に増していくので時間を守って痛み止めを飲みました。
看護婦さんからは「今日からシャワーも浴びていいよ~」と言われました。

この日は土曜日。やっと子供たちに会える日です!お見舞いに来てくれるのを楽しみにしてました。
前日の夫からのメールに長男がお見舞いに行くのをとても楽しみにしているとあったので朝からソワソワ♪
そして4日ぶりの対面!長男は夫の実家の庭に咲いていたお花を摘んで持ってきてくれました。
「はい、お花!」とちょっと照れながら渡してくれた長男・・・抱きしめたくなるくらいかわいかった☆
ちょうどお昼頃だったので病室の階にある食堂で一緒にご飯を食べました。
(私は入院食、3人は病院の近くにあるパン屋さんで購入したパンを)
4人でご飯を食べるのが久しぶりでちょっとウルッとしてしまいました。

長男と違って次男の反応にはちょっとドキドキしていた私ですが、次男もニコニコ顔で安心しました。
でもまだ1歳半・・・病室の私のベットに上って、私に抱っこをせがんだりお腹の上に乗ろうとしたり、
4人部屋の病室内をちょろちょろと動き回り、夫や長男が追いかけると嬉しくなって興奮して大きな声を(汗)
もう少し一緒にいたかったけどご飯を食べたら帰ってもらいました。(仕方ないよね・・・)

午後しばらくして術後初シャワー。
傷にはガーゼが貼られ更にその上から防水テープが貼ってあったので心配することはなかったです。
でも傷をかばって動くのでいちいち動作が鈍くて時間がかかりました(笑)

病室に戻ると妹ファミリーがお見舞いに来てくれていました。
お願いしていた漫画を持ってきてくれました。
傷は痛いものの回復してきているし時間を持て余し始めていたので本当に有難かった!
(ミッチー、漫画を貸してくれて本当にありがとう。)

術後3日目、ほぼ食欲も戻り痛み止めも飲まずに過ごせるまで回復しました。
でも笑うと傷が痛くて痛くて・・・お見舞いに来てくれる人たちに「笑わせないで~」とお願いしてました。
日曜日なので前日同様、昼前に夫と子供たちがお見舞いに来てくれ、一緒にお昼を食べました☆
夕方に叔母や姉、義妹、仕事帰りに親友Mが来てくれた時以外はひたすら漫画を読んでいました。
(トイレに行きがてら歩くリハビリもちょっとはしました 笑)

術後4日目、体が順調に回復している一方で検査の結果が気になって仕方なくなってきました。
いつ報告があるのか?もし悪性だったら?考え始めると精神的に不安定になってしまうので
極力考えないようにしていたものの、やっぱり気になってくよくよしてしまいました。
そして子供たちと会えないのが徐々に堪え淋しさが募ってきました。
それでもこんな風にいろいろなことに考えが及ぶのも体が回復してきたからだろうな~と
客観的に思ってみたり・・・。この日はちょっと浮き沈みが激しかったかも。
(ちなみにこの日は十五夜だったので、夕食にはお月見団子が出ました 笑)

術後5日目、相変わらず回復を実感、食欲はすっかり戻りました。
入院前にもらったスケジュールではこの日に抜糸とあったのでドキドキ。
が、看護婦さんに確認すると「抜糸はないですよ~」と言われ拍子抜け。
でも防水テープとガーゼが取られ、傷口とご対面(汗)
ガーゼの下は傷の箇所にテープが等間隔に張られていて、
今後テープが自然に取れるまではそのままで・・・とのことでした。

そしてスケジュールではあと2日で退院となっていました。
経過がよければ退院が早まることもあると聞いていたので、勝手に「明日退院できるかも?」
と期待を寄せていたのだけど、何の連絡もなく・・・。
そうして1日が終わろうとしていた20時直前、突然主治医のM先生が病室に来て
「検査結果OKだったよ!」と!!そして「明日帰りたい?(退院したい?)」と!!!
「もちろん!!」と言うと「オッケ~」と親指を立ててくれました。(M先生、かなりお茶目な人です)

退院はもちろん何よりも結果が良かった事が本当に嬉しくて嬉しくて・・・。
すぐに夫に電話しました!(夫は私の実家にいたので実家のみんなにも夫が報告!)
そして心配してくれていた親友Mにもすぐにメールを・・・。
この日は本当に安心して穏やかな気持ちで眠ることが出来ました。

退院当日、昨夜急遽決まった退院で朝からウキウキ。
最後の朝食では「ここでご飯を食べるのもこれで最後か・・・」としみじみしてしまったほどでした(笑)
朝食後にM先生の主治医診察がありました。診察結果も問題なし!
その時に先生から「摘出したものの写真欲しい?」と聞かれ「欲しい!」と即答しました。

退院後しばらくは自宅療養、6日後に再度診察があり、その翌日からは仕事に復帰しても
いいとのことでした。(私は退院の翌日から仕事に行くつもりでした・・・汗)
写真と検査結果の書類をもらって退院の準備をしているとあっという間に退院の時間。
母が迎えに来てくれてスムーズに退院することができました。

何よりも万事OKで退院することが出来て本当に嬉しかった♪
言葉に出来ないほどの感謝の気持ちでいっぱいでした。



その4につづく

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

PROFILE

t745studio

Author:t745studio
夫と息子2人(H18.6生、H22.3生)の4人家族です♪
”お母さんは家族の太陽”
どんなに忙しくても笑顔とこの言葉は忘れずに毎日を楽しもう♪

Photo Diary

SEARCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。